陰茎に、痛いという違和感や不安感を持っている人は少なくありません。
特に、真性包茎の患者は痛いと感じることが多く、しかもその原因が真性包茎にあることに気づいていないことが大半です。
真性包茎は、その人物の体質によって決定されることがほとんどです。
遺伝的な体質で包皮が短くなったり小さくなるので、これを改善しないと意味がありません。
しかし、こういった違和感を感じながらも実際に対策をするために行動に移す人は多くはない現状です。
そのため、まずは真性包茎の痛みの原因を知って治療の必要性があるということを理解しなくてはいけません。

慣れない刺激で生じる真性包茎の痛み

真性包茎の人が普通の人と大きく異なるのは、亀頭を露出させることができないという点です。
実は、これが結果的に痛いと感じる状態に繋がります。
真性包茎は、包皮が完全に亀頭を覆っている状態であり、これを自力で改善できない状態です。
本来、仮性包茎などの軽度の包茎状態であっても勃起をするときちんと亀頭を露出させることが可能な人がほとんどです。
しかし、真性包茎の場合は勃起をしても必要な部分をきちんと露出させることができないので、常に包皮で守られている状態になります。
ここで問題になるのが、亀頭への刺激に慣れさせることができないということです。
普通、勃起をして亀頭が露出すると男性器への刺激が強くなりますので、これを継続することで自然とのその痛さに慣れていきます。
ところが、真性包茎の人はこの刺激に慣れるという習慣をつけることができません。
常に包皮で亀頭を覆っていますので、肝心の部分に刺激を与える機会が失われてしまうからです。
そのため、本来ならば全く問題のない刺激であってもそれを痛いと感じてしまうことになります。
通常とは異なる状態ですので、まずはこの環境を改善して普通の刺激に慣れるようにしなくてはいけません。

放置することで生じる慢性的なストレスと苦痛

真性包茎は、治療の必要性のある病状だと考えられています。
この理由の1つに、放っておいても病状を改善できる見込みが非常に低いことが挙げられます。
それだけではなく、痛さとストレスが慢性的に継続する可能性があるため注意が必要です。
真性包茎で厄介なのは、通常の人と比較しても衛生環境が悪化するリスクがとても高いという点です。
しかも、その影響でさらに痛さやストレスが上がる結果に繋がります。
真性包茎は、包皮と亀頭が癒着している状態であるため、この状態が継続するとその部分を綺麗な状態にできなくなります。
当然、この状態を放置し続けるとこの部分に悪い細菌やウイルスが繁殖します。
その結果、着々と男性機能の環境が落ちていきます。
また、こうして放っておくと亀頭包皮炎という症状が発生します。
亀頭包皮炎は、衛生環境が悪化した部分に細菌が繁殖して生じるケースが多いです。
真性包茎の場合は、この病状が生じる環境が整っているのでリスクが高いです。
亀頭包皮炎になると、その影響で痛みがでることになりさらに負担とストレスが増していきます。
ですから、気づいた段階で早期に治療をしないと取り返しがつかなくなってしまいます。

痛い問題を解決するための包茎手術

陰茎で痛いと感じることが多くなった場合は、すぐにでも包茎手術を行った方が良いです。
包茎手術を行うメリットは多く、少なくとも現状を改善できる可能性は高くなります。
真性包茎の問題は、自分だけではなく大切な人に対しても迷惑をかけてしまうリスクが存在することです。
本人が痛いと感じている感覚を、今度はパートナーに対しても与えてしまうケースが多くなります。
性行為を行ったとしても、上手く挿入することができないケースも実際に存在します。
刺激に弱い影響で、性行為を行うときに痛みの方が勝ってしまうことが多くなるからです。
しかも、陰茎の衛生環境が悪い影響で性感染症を相手に感染させてしまう可能性も大きくなります。
自分とパートナーが苦しむ結果になるため、早期の解決が不可欠です。
幸い、包茎手術には様々な種類が存在し、現代ではほとんど痛みなく手術を勧めることが可能です。
それまでの治療では、メスを使って包皮を切らなくてはいけませんでした。
しかし、医療技術が発達してそこまでしなくても済むこともあります。
継続的に治療を進めていけば、高い確率で状態を改善できますのでそれまでの痛みやストレスの悩みを改善できます。

まとめ

真性包茎の痛みの原因は、特定できるケースが大半です。
そもそも、細菌やウイルスが繁殖しやすい状況にあり、衛生環境が悪いので自然と刺激に弱い環境ができています。
加えて、通常の状態とは異なって亀頭への刺激に慣れていないので日常的に痛みを感じることも多くなります。
パートナーがいる場合には、痛みが原因で満足に性行為を行うこともできなくなる可能性が存在します。
こういった悩みを抱えているときは、すぐにクリニックに相談をすることです。
真性包茎では、保険適用もありますので準備を進めていけば高い確率でリーズナブルな費用で状態を改善できます。